自分を生きるとは

 

過去数回書いてきた多次元キネシ体験記録記事的なものは書かない…書けない…書かなくて良いような気がしてきたなー。。うーん…

(ま、書きたくなったら書くだろうしね!)

 

この30うん年間「自分ではないフィルター」を通して生きてきたもんで、

セッションを重ねるにつれて、よく言われる「玉ねぎの皮を1枚ずつ剥いていくように〜」という表現そのままに、

「誰かの」「何かの」フィルター越しではなく《私自身》が徐々に現れてきていて、やや?かなり?戸惑ったり「この感情はどう処理したら良いのだろうか…」みたいな事が頻発しています。(感情の処理って表現する所が左脳的ぽい)

 

昨晩のセッション後(今日だけで何記事書いてるんだろうかー)、身体の痛みが顕著に出ていたのがだいぶ軽減され、何も考えられない出来ない状態が考えが整理出来てクリアになりました。

 

が、ここに来て落ちた?と言う表現が正しいか否やですが、急に「私は何の為に生きているんだろうか…?」なんて漠然と考えてしまう様になりました。

 

これは前回のセッションテーマだった「私はなんでこんなに生きづらいのだろうか?」と同じ位今まで自覚が無く、気付いた時の衝撃度が半端なく結構動揺していたりします。

 

何の為に生きているんだろうか?もそうですけど、「何をしに(地球)に産まれたんだろう」みたいな、、ぶっ飛んでますね(苦笑

 

うーん、、

情報取りすぎだよーのアドバイスがあったので、昨日今日で取る情報量をカナリ減らしたんですけど、余計に考えすぎている気がしなくもないw

 

「自分を生きるとは?」「自分とは?」という理由が知りたくなって、自分を知るツールを色々調べて漁っちゃうんですよねぇ。。(占星術やらヒューマンデザインとかとか)

 

ひとまず相変わらず頭が働き過ぎている気がするので、呼吸法を実践して行こうと思います。セッション中に引いたカードでグラウンディング出たしな

 

あれだな。今日は外に出てないから余計に考えちゃうんだな!(換気はしてる)

f:id:muzict8282:20200903183303j:image